太平山

太平山(標高1,170m)

太平山

秋田県のほぼ中央に位置し、古くより薬師の峰・修験の山として信仰を集めるとともに、里に暮らす人々に自然の恵みをもたらす山として永く親しまれてきました。
今も天然秋田杉やブナ林の手付かずの樹海が広がり、旭川・太平川・岩見川・丸舞川・小阿仁川などの源流として水の恵みや、木材や山菜など様々な恩恵を私たちに与えてくれています。

山頂には当神社の奥宮御社殿と参籠所(山小屋)があり、世界遺産白神山地・男鹿半島・大潟村干拓地・大館樹海ドーム・能代火力発電所・仙北平野・鳥海山など、県内が一望できる素晴らしいパノラマが広がります。またご来光(朝日)や日本海の夕陽、満天に広がる星空などもまた格別です。
山頂までは旭又・野田・丸舞などの登山口があります。