神社探検

今日は神社にお参り(おまいり)してみましょう。

正面

正面

東側入口

東側入口

手水舎

手水舎

鳥居(とりい)をくぐると、手水舎(てみずしゃ)があります。
ここでは、手と口を水で清めて、心静かにお参りする準備(じゅんび)をします。

左側にある古い建物は?

秋田藩主(はんしゅ)佐竹公の別荘(べっそう)《飲山亭》(いんざんてい)という建物だよ。

飲山亭

階段を上がると神社が見えてきたね。

大きな鈴があります。お参りする前に鳴らしてみましょう。

心静かにお参りしましょう。

みんなは何をお祈りしたのかな?

お参りが終わったら、神社の中ものぞいてみよう。

この建物は拝殿(はいでん)といい、お祭や祈願祭を行う場所。
心が落ち着く場所だな~。

拝殿(はいでん) たこ たこ 鏡 祈祷所

いろんな場所をクリックしてみよう。

楽器演奏 笙 太鼓 鉦鼓 篳篥 鞨鼓 竜笛

楽器をクリックしてみよう。

神社の外も調べてみよう

おみくじを結ぶ場所があるね。

絵馬掛け(えまかけ)

試験(しけん)の合格をはじめ、
いろいろな願いごとがかかれた多くの絵馬がかかっているね。

奥宮(おくみや)がある太平山を拝む場所だよ。

奥宮→太平山山頂(さんちょう)にあり、6月初旬(しょじゅん)より9月下旬(げじゅん)まで職員がいます。(くわしくは由緒の項を見てね)

太平山→高さ1.170メートル。秋田市の真東、ほぼ秋田県の中央に位置し、古くから信仰(しんこう)の山として、また、秋田県のシンボルとして親しまれてきました。(くわしくは太平山の項目を見てね)

太平山遥拝所(たいへいざんようはいじょ)

ここからは、広面地域が一望〔一望)できるねー。

現在の景色(左側)と、昭和40年頃の景色(右側)

ずいぶん変わったもんだね~。

かもしかも時々遊びに来るんだよ。

宮比(みやび)さん

神楽殿

また来てね(気をつけて帰ってね)